のらり主婦日記

元Web技術系社員の主婦が発達障害(ADHD)と診断され、現在手帳持ち。ネットを駆使して世界中のネットショップで通販して生活してる日記ブログ。時間や知識がなくてスマホを活用できてない人や障害・病気持ちの人におすすめの商品や情報を発信しています。

“かわいい"の魔法にかかる 夢色プリンセス塗り絵

ぬりえの色鉛筆の選び方を元美術系大学出身者が教えます

ぬりえが最近流行っていますね。私のブログでも、色鉛筆の記事がよく読まれています。

でも、色鉛筆って何を選んだらいいか分かりませんよね

私は国立教育大学の美術学科出身の人間です。小学校などでは絶対に教えてくれないことを教えます!

ぬりたいものを決める

何をぬりたいかを決めましょう。かなり大切なことです。

おおまかに3つに分けてみました。あなたは何をぬりたいですか?

  • 花・植物などの自然系
  • イラスト・アニメ系
  • 幾何学的な模様・図形・細密画系

f:id:chifffon:20160204113621j:plain:w600

ぬりたいものに合った色鉛筆を選ぶ

色鉛筆は、メーカーによってカラーバリエーションが全然違います。ぬるものに合った色がたくさん入っているメーカーの色鉛筆を選びましょう。

私のおすすめは以下のメーカーです。あくまで私のオススメですので、実際に試し書きをしてみることをオススメします!(画材やさんに行きましょう!)

  • 花・植物などの自然系…ファーバーカステル
  • イラスト・アニメ系…プリズマカラー(カリスマカラー)
  • 幾何学的な模様・図形・細密画系…ホルベイン

f:id:chifffon:20160204113631j:plain:w600

ファーバーカステルはドイツの筆記具メーカー。日本の色鉛筆メーカーにはあまりない、自然の美しい色が揃っています。特に緑色のバリエーションは揃えたい。120色の木箱入りセットなど、コレクションする人も多いです。

プリズマカラー(カリスマカラー)はアメリカ産の色鉛筆。クレヨンのように鮮やかにこってり塗れる色鉛筆です。作りが少々雑!?ではありますが、芯自体の質はとても高いです。

ホルベインは日本のメーカーです。海外メーカーとは逆に、とてもきれいなパステルカラーもあってカラーバリエーションのバランスがよいのが特徴です。芯の固さは柔らかすぎず、硬すぎずで書きやすい。「日本の画材メーカーならホルベイン」と言えるほど、ガチでおすすめなメーカーです。

色鉛筆はいきなりたくさんのセットを買うよりも、24〜36色ぐらいからで使ってみて、足りない色を1本ずつ買い足していくのがおすすめです。

色見本を作る

f:id:chifffon:20160204113640j:plain:w600

色見本を作ってください。真っ白な紙に、1本ずつ色を塗り、その横に色番号と色名を書きましょう。

色を選ぶときは、色鉛筆の芯の色や軸の色で選ばずに、色見本を見て色を選びましょう。なぜなら、芯の色や軸の色と、実際に白い紙の上で塗った色は全然違うからです。色選びが楽しくなりますよ。

以前、私が記事に書いた色見本がありますので、ぜひ参考にしてください。

zubora-shufu.hateblo.jp

絵の世界に決まりはありません!自分の思うままに、感じるままに、好きなように塗ればいいのです!手で描くこと、色で描くことを楽しみましょう!!