のらり主婦日記

元Web技術系社員の主婦が発達障害(ADHD)と診断され、現在手帳持ち。ネットを駆使して世界中のネットショップで通販して生活してる日記ブログ。時間や知識がなくてスマホを活用できてない人や障害・病気持ちの人におすすめの商品や情報を発信しています。

“かわいい"の魔法にかかる 夢色プリンセス塗り絵

「だるい」「疲れた」そんな人のためのコットン紙

f:id:chifffon:20150811234910j:plain:w300

「コットン」という素材が好きです。

今も全身コットン100パーセントの服を着ています。(笑)

今日は服ではなく、紙のお話。

「MD用紙(ミドリダイアリー用紙)」の「コットン」版を初めて買ってみました。

デザインフィル ミドリ MDノート コットン<A5>

デザインフィル ミドリ MDノート コットン

帯にはこんな説明がありました。

MD用紙コットンは、コットンパルプが20%配合した特別な筆記用紙です。やさしい肌合いと、インクをやわらかく含むような上品な書き心地を味わえる紙です。

白く柔らかな「MD用紙コットン」は、インクだけでなく鉛筆にも適しています。

ほうほう。どれどれ。

紙のキメは、MD用紙コットンの方が、少し粗いですね。

f:id:chifffon:20150811234922j:plain:w480

まずはシャープペンで、かきかき。おっ!いい感じに芯が削れてくれて、書きやすいぞ。

次に、カラーイーノで、かきかき。おー。これも色鮮やかに、濃く書ける。

0.2mmのプレピー万年筆で、かきかき。うん!いいね!インクをすうっ…と吸ってくれて、「極細のペンでもいいんだ…」となんか受け入れられた感がする。極細ペンで書くときの、カリカリした緊張感がないというか、、、そんな感じがします。

ふでDEまんねんはどうだ!?かきかき。うおうおうおう。インクがどんどんじゅわわわ〜〜〜と吸い込まれていく〜〜〜〜。心配になってさっと紙をめくった。

f:id:chifffon:20150811234933j:plain:w480

おぉ…裏抜けしてない…か、かんどう…泣

なんでか分からないけど、波平さんを描いてみた(笑)頭の毛が太く波打ってていいなこれ!(笑)

まとめ

絵を描く人には一番分かりやすく表現すると…

アルシュ系です。

鉛筆で描いて、水彩で色をのせるのにいいんじゃないの?って思いました。

もっと分かりやすく言うなら、普通のMD用紙は、表面がなめらかで、インクが紙の上にしっかり定着する感じ。筆記具のすべりはいい。

MDコットン用紙のほうは、表面が少しザラついていて、鉛筆や色鉛筆の線が生き生きとして残り、ペンのインクや水彩絵の具など水分が多いものは、すうっ…じゅわ…と素直に染み込んでくれます。でも、裏抜けしないし、にじまないのが、すばらしい。

ああ、これは、美術で絵を描く人に教えてあげたい紙だなぁ。ペンや万年筆よりも、鉛筆と水彩絵具でスケッチしたい紙だと思いました。水彩色鉛筆もいいかも。

気軽に、かるーく、描いていいんだ…はぁ〜…となんだか、やわらかくて癒される紙です。さすが、コットンですね。

学生時代にアルシュで描いた時の衝撃を思い出しました。

ふっと力を抜きたいな…ってときに、使おうかなって思います。

デザインフィル ミドリ MDノート コットン<A5>

デザインフィル ミドリ MDノート コットン